SEGA MODEL 1

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

SEGA MODEL 1とは、セガとマーティン(ロッキード・マーティン、後のReal3D、現在のインテル)が共同開発したアーケードゲーム基板である。

NEC製のCPU」に「富士通製のGPU」を搭載した混ぜるな危険な代物である。

音源は別途取り付けるようになっており、初期モデルはFM音源、後期モデルはPCM音源となっている。どちらもヤマハ製である。

バーチャレーシングバーチャファイターで世界を驚かせた。

基板サイズがとてつもなく巨大化したためアストロシティに入り切らず、背面に基板を貼り付けるアストロシティ2が開発された。

ゲーム[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]