提供: MonoBook
移動: 案内検索

尻(読み:しり)とは、シリアルナンバー」を意味する長音を徹底省略した略語(ネットスラング)である。

概要[編集]

尻という用語はインターネット普及以前のパソコン通信時代から使われていたものであり、主に不正コピーしたソフトウェアインストールする際に必要となる「シリアルナンバー」を指す隠語として使われていた。

初期にはどこからか入手したシリアルナンバーの写しであることが多かったが、後にキージェネレーターなるシリアルナンバーを次々と作り出すソフトウェアが登場したりした。

また、20世紀末にはキージェネレーターの開発手法が娯楽化し、不正コピーしたプログラム逆アセンブルし、シリアルナンバーの照合ルーチンからアルゴリズムを解明する時間を競うという遊びが流行した。当時はソフトウェアの発売から解明までの時間が危ない人たちの間で競われていた。

オープンソースクラウドの普及であまり見かけることもなくなった。

関連用語[編集]

同様にソフトウェアの不正コピーの頒布に使われる隠語としては以下のようなものがある。

  • 割れ - 「Warez」から派生した日本におけるネットスラング
  • - 「Server」から派生した日本におけるネットスラング
  • - 「Proxy」から派生した日本におけるネットスラング
  • - 「Account」から派生した日本におけるネットスラング
  • - 「Serial Number」から派生した日本におけるネットスラング

関連項目[編集]

参考文献[編集]