Linux脳

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Linux脳とは、Linuxを大前提として、FreeBSDMac OS XなどのBSDOSをはじめ、その他のUNIXOSを考慮しない思考を行うLinux信者を、それらOS信者が蔑む際に用いられる用語である。

主な症状[編集]

Linux脳の典型としてbash依存のシェルスクリプトを非常に好む点がよく挙げられる。私的利用であれば特に問題になる話ではないが、公にオープンソースで公開しているソフトウェアconfigureの中身にまでbash依存の記述を多用していると、FreeBSDが強い勢力を持つ某巨大掲示板などにおいて「Linux脳か」と言われる。このLinux脳の代表的な例としてはMonoが良く挙げられている。なお、最近になってsystemdというDebian/FreeBSDをおもちゃ呼ばわりする新興勢力が現れた模様。

なお、このような発言をする人物の99%は*BSDcshで育ったキモヲタとみて間違いない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]