ZaaS (Zangyo as a Service)

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ZaaS (読み:ざーす、頭字語:Zangyo as a Service)とは、「サービスとしての残業」という意味で、いわゆるサービス残業を最近流行のクラウドコンピューティング用語風にリネームしたITドカタ用語である。

概要[編集]

ZaaSとは、いわゆるブラック企業で行われている人件費クラウド化である。残業代は雲のようにどこかへ消え去る。

ZaaSは多重派遣偽装請負などと併用されていることが多い。日本法規情報の調査によると、2013年時点の日本ではブラック企業の89%でZaaSが採用されており、世界有数の高い普及率を維持している[1]

ZaaSは以下のような状態に陥ると好発する。類似する兆候、症状がある場合には速やかに最寄りの 全国労働基準監督署を受診し、重篤化を防ぐのが望ましい。労働基準監督署での受診が難しい場合は、このウィキにタレ込むのも手である。

東京電力の中抜き構造
世界の派遣会社の事業所数

類似項目[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]