Amlogic

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

Amlogic Inc.(あむろじっく)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララに本社を構える半導体企業である。

概要[編集 | ソースを編集]

現在は主にARMを採用したSoCを作っている。昔はDVDプレーヤーなんかのMPEG2デコーダーを作っていた。ツタヤやゲオで売ってる安いDVDプレーヤーなんかを分解するとよく入っている。

Amlogic製品は中国製のAndroidを搭載したセットトップボックスAndroid TV BOX)によく採用されている。Android TVでも5000円未満のローエンド帯はRockchipAllwinnerなどが多く、5000円から1万円のミドルレンジから1万円オーバーのハイエンド帯はAmlogicを採用している製品が多い。

マッスル仕様[編集 | ソースを編集]

AmlogicのSoCは中国や台湾の競合他社のSoCよりも動作周波数が高めなのが特徴である。他社製品が「Cortex-A53の1.4GHz前後」なところAmlogic製品は「Cortex-A53の2.0GHz」などと周波数を高めに設定しているものが多い。まさにアメリカンなマッスル仕様である。

また、GPUに関しても競合他社が2コアや3コアくらいなのに対して「世界初のMali-450で6コアを達成」などという宣伝を繰り広げている。やっぱり脳ミソまで筋肉でできているアメリカンなマッスル仕様である。

熱い[編集 | ソースを編集]

Amlogic製品はアメリカンマッスル仕様なので当然ながら発熱も凄い。AmlogicのSoCを積んだAndroid TV BOXなどは高負荷状態を続けると熱暴走する製品も多々ある。何かしらの筐体を冷やす工夫が必要だったりする。