Amlogic S905X4

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

Amlogic S905X4とは、米国Amlogic社が2020年7月ごろから出荷開始したSoCである。

主な変更点[編集 | ソースを編集]

S905X4はS905X3のマイナーチェンジであり、性能的にはほとんど変わっていない。

CPU[編集 | ソースを編集]

CPUの動作周波数が最大1970MHzから最大2180MHzに向上した。ただしカタログスペックではどちらも「2.0GHz」になっている。

GPU[編集 | ソースを編集]

GPUの変更点としてはVulkanAPIバージョンが1.0から1.1になっている。そもそもAndriodゲームVulkanを使っているものはほとんどないのであんまり深く考える必要性はない。

暗号化エンジン[編集 | ソースを編集]

S905X4では暗号化エンジンに「RSA」が加わった。使える暗号化エンジンはAES, TDES, SHA-1, SHA-2, HMAC, SM4, RSAである。

人工知能[編集 | ソースを編集]

S905X4ではニューラルエンジンはバッサリ削除されている。こんなローエンドチップで人工知能をやろうとする変人はさすがにいなかったらしい。

ビデオデコーダー[編集 | ソースを編集]

S905X4では新たにAV1のハードウェアデコーダーが搭載された。こいつを使うことで「4K、10ビット、プログレッシブ」という条件でも120fpsを叩き出せるとしている。

AV1NetflixAmazon Prime VideoYouTubeなどがすでにサポート開始しており、これらを視聴するときの負荷が劇的に下がるだろう。

Amlogic製品といえばAndroid TV BOXであり、S905X4の最大の変更点は間違いなくこれだ。

オーディオプロセッサー[編集 | ソースを編集]

「2xHiFi4 Acoustic/Audio DSP」なるものが搭載されたらしい。よくわからん。

主な製品[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]