Amlogic S905X3

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

Amlogic S905X3とは、2019年4月にAmlogicが発表したSoCである。 2020年4月ごろから搭載製品が出始めている。

概要[編集 | ソースを編集]

主にミドルレンジ向けのAndroid TV BOXに搭載されている。

主な仕様[編集 | ソースを編集]

CPU Cortex-A55 (2.0GHz x4コア)
GPU Mali-G31 MP2
メモリ DDR3-2133, DDR3L-2133, LPDDR-2133,\n DDR4-3200, LPDDR4-3200
ビデオデコーダ H.265, VP9, AVS2, H.264
ビデオ出力 HDMI 2.1, HDCP 2.2
HDR HDR10, HDR10+, Dolby Vision, HLG, TCH PRIME
製造プロセス 12nm
パッケージ 14mm x 14mm BGA
その他 USB 3.0, PCI Express 2.0, マイク入力x8, 温度センサー内蔵

CPU[編集 | ソースを編集]

CPUは前作S905X2はCortex-A53であったが、S905X3ではCortex-A55になった。

前作同様にCPUは周波数が2.0GHzと高い。Cortex-A55といえば1.3GHzから1.5GHzが定番だがこいつは2.0GHz。さすがアメリカ製だ。

さらに男らしいのが「サーマルスロットリングなどという軟弱な概念はない」という点である。高負荷で熱くなっても性能は絶対に落とさない。たとえ熱暴走しようと前進あるのみ。PCばりに冷やせということらしい。さすがアメリカ製だ。

Amlogicといえばアメリカンマッスル仕様のAndroid TV BOXなので大きめのヒートシンク冷却ファンを取り付ける前提なのだろう。ファンレスかつ防水窒息ケースのスマートフォンなど相手にしていないようだ。さすがアメリカ製だ。

GPU[編集 | ソースを編集]

S905X3のGPUMali-G31となってる。 これは前作S905X2と同じ。

ローエンド向けではあるが最新仕様となっている。 とりあえずOpenGL ES 3.2Vulkanも動く。

メモリ[編集 | ソースを編集]

メモリはDDR4-3200までサポートしている。こんなローエンド製品でそんなハイスピードなの誰が使うんだよ。

その他[編集 | ソースを編集]

その他の特徴としてはマイク入力が8系統もある。オーディオミキサーなどへの搭載を想定しているのかもしれない。もしくはアレイマイクを搭載する会議システム的なものに内蔵する用途を想定しているのかもしれない。

主な採用製品[編集 | ソースを編集]

  • X88 Pro X3 - 2020年1月頃に発売したAndroid TV BOX

関連製品[編集 | ソースを編集]