DirectX Raytracing

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

DirectX Raytracing(読み:だいれくとえっくす・れいとれーしんぐ、通称:DXR)とは、GeForce RTXなどのDXR対応GPUでリアルタイムなレイトレーシングできるというものである。

概要[編集 | ソースを編集]

DirectXの新バージョンではなく「DirectX 12の拡張(マイナーアップデート)」としてリリースされた。一般配布は2018年10月10日にWindows 10のアップデートとして行われた。

DXRではDirectX 12に以下の3つの要素が追加された。

  • 「acceleration structure」= シーンの中で使われているオブジェクトであることをGPUに明示するためのもの
  • コマンドリスト用メソッドにレイを飛ばす「DispatchRaysメソッド」が追加
  • HLSLをレイトレーシング向けに拡張
  • Pipeline State Objectにレイトレーシング向けバージョンが追加

OpenGLやVulkanなどの動向[編集 | ソースを編集]

OpenGL[編集 | ソースを編集]

OpenGLにDirectX Raytracing相当の機能を搭載するかは未定である。 たぶんVulkanと競合して足の引っ張り合いにならないよう、実装されないと思われる。

Vulkan [編集 | ソースを編集]

Vulkanの開発元であるLunarGはDirectX Raytracing相当の機能「Vulkan Ray Tracing」を実装すると発表した。2020年から暫定版を含んだSDKが配布されている。

Metal[編集 | ソースを編集]

Metalに関してはいまのところ不明である。 アップルAMDdGPUInteliGPUしか採用しないので「Radeon RX Navi 2X」が登場するまではダンマリを決め込むものと思われる。

資料[編集 | ソースを編集]

githubソースコードが公開されている。いわゆる「ソース読め」でありその他の資料は見当たらない。まじかよ。

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]