DirectX Raytracing

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

DirectX Raytracing(通称:DXR)とは、GeForce RTXなどのDXR対応GPUでリアルタイムなレイトレーシングできるというものである。

DirectXの新バージョンではなくDirectX 12の拡張としてリリースされた。一般配布は2018年10月10日にWindows 10のアップデートとして行われた。

DXRではDirectX 12に以下の3つの要素が追加された。

  • 「acceleration structure」= シーンの中で使われているオブジェクトであることをGPUに明示するためのもの
  • CommandListにレイを飛ばす「DispatchRays関数」が追加
  • HLSLをレイトレーシング向けに拡張

資料[編集 | ソースを編集]

githubソースコードが公開されている。いわゆる「ソース読め」でありその他の資料は見当たらない。まじかよ。

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]