MonoGame 3.8.0以降でfxファイルをコンパイルする

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

2020年5月に発表されたMonoGame 3.8.0 (プレビュー版)から Windowsだけでなく、MacOSLinuxでもプログラマブルシェーダーコンパイルができるようになった。

MacLinuxでは内部的にwineを用いているので若干の環境構築が必要となる。

Macでの環境構築[編集 | ソースを編集]

xquartzインストールする。

wineインストールする。 この際に「64 bit support」のチェックを必ずいれること。 内部的にはwine64コマンドしか使わないのでmacOS 10.15 Catalinaでも大丈夫。

mgfxcコンパイラは7z形式で配布されているのでhomebrewからp7zipインストールする。

brew install p7zip

mgfxcコンパイラのダウンロードインストールを全自動でやってくれるスクリプトを実行する。 mgfxcコンパイラなどは「$HOME/.winemonogame」ディレクトリに格納される。

curl -O https://raw.githubusercontent.com/MonoGame/MonoGame/develop/Tools/MonoGame.Effect.Compiler/mgfxc_wine_setup.sh
chmod +x mgfxc_wine_setup.sh
./mgfxc_wine_setup.sh

上記のスクリプトで環境変数が追加される。

 #bashの場合
 echo 'export PATH=$PATH:"/Applications/Wine Stable.app/Contents/Resources/wine/bin/"' >> ~/.profile 
 echo 'export MGFXC_WINE_PATH="$HOME/.winemonogame"' >> ~/.profile
 #zshの場合
 echo 'export PATH=$PATH:"/Applications/Wine Stable.app/Contents/Resources/wine/bin/"' >> ~/.zprofile 
 echo 'export MGFXC_WINE_PATH="$HOME/.winemonogame"' >> ~/.zprofile

ただし.profileや.zprofileはターミナルからVisual Studio for Macを起動した場合のみ適用され、macOSのDockまたはLaunchPadから起動した場合は適用されない。ターミナルから起動する奇特な人はあまりいないと思われる。

そこでlaunchdを使ってログイン時に環境変数を設定する。LaunchAgentsディレクトリにplistファイルを置けばログイン時に自動実行される。拡張子がplistならファイル名は何でもいいので今回はenvironment.plistとした。

vi ~/Library/LaunchAgents/environment.plist

中身はこんな感じ。

<!DOCTYPE plist PUBLIC “-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN” “https://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd”>
<plist version=“1.0”>
    <dict>
        <key>Label</key>
        <string>my.startup</string>

        <key>ProgramArguments</key>
        <array>
            <string>bash</string>
            <string>-c</string>
            <string>
launchctl setenv MGFXC_WINE_PATH "$HOME/.winemonogame"
            </string>
        </array>
        
        <key>RunAtLoad</key>
        <true/>
    </dict>
</plist>


一通り終わったらmacOSからログアウトする。 再起動でもいいぞ。

関連項目[編集 | ソースを編集]

fxファイルのコンパイル