osm2pgsql

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

osm2pgsqlとは、OpenStreetMapデータPlanet.osmなど)をPostgreSQL(PostGIS)に取り込むソフトウェアである。

ほとんどのOpenStreetMap関連のツールは、osm.pbfファイルを直接取り扱う方法は提供しておらず、このPostGISに格納されている前提となっているものばかりであり、こいつは必須ツールといえる。


転がっていたノートパソコン(Core i7-4600M、メモリ8GB)で「日本のデータ」を取り込むだけでも5時間近くかかった。間違いなくSSDを搭載したPCでやったほうがいいと思うよ。


関連項目[編集 | ソースを編集]

  • Osmosis
    osm.pbfファイルを切り出したり変換したりするツール。このツールはpostgisファイルの生成もできるので、これで変換した後にPostGISのコマンドで取り込む方法もある。
  • mod_tile (mod_tile_nginx)
    apache(nginx)でPostGIS上のデータからタイル生成(レンダリング)とウェブ配信をするためのモジュール

外部リンク[編集 | ソースを編集]