Planet.osm

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

Planet.osmとは、OpenStreetMapの全データが詰まったファイルである。

planet.osmは毎週更新され、2021年10月01日の時点でbzip2版が107.8GB、pbf版が59.7GBと、 どんどん肥大化している。なお、非圧縮かつテキスト形式のXML版は1484.5GBとなっている。

フォーマット[編集 | ソースを編集]

Planet.osmは、

の2種類が提供されている。

「PBFファイル版」のほうが圧倒的にファイルサイズが小さく、ダウンロードも容易であり、バイナリファイルなので各種ツール類の処理も速いので、通常はこちらを使用しろ。というか、ほとんどの加工ツールはpbfファイルにしか対応していない。

ダウンロード[編集 | ソースを編集]

バカみたいに巨大なファイルなのでBitTorrentダウンロードしろ。 一応、HTTPでダウンロードできるミラーサイトもあるがオススメしない。

なお、あまりにもバカみたいに巨大なファイルなので、いろいろな人が「特定エリアだけ切り出し済みのデータ」などを再配布している。詳細はググれ

加工ツール[編集 | ソースを編集]

バカみたいに巨大なファイルなので、そのままではまともに扱うのも困難であるため、 必要な部分を切り出したり、変換したりするツールが色々と作られている。

  • osmosis = .osm.pbfから特定エリアを抽出するツール
  • osm2pgsql = .osm.pbfをPostgreSQLデータベースに変換するツール

この手のツールはgithubなんかでも日々増殖している。

外部リンク[編集 | ソースを編集]