PowerVR GE8322

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

PowerVR GE8322とは、2019年ごろに登場したGPUである。

概要[編集 | ソースを編集]

2014年ごろに登場した「PowerVR GE8320」のシェーダーユニット数を単純に2倍にしたもの。 どのみち自慢できるような性能でもないのでカタログスペックには「PowerVR GE8322」なのに「PowerVR GE8320」と書かれていることも多い。

2019年ごろに登場したSoCUnisoc SC9863A」のGPUとして採用されている。 その他の採用事例は知らない。主に1万円前後の激安タブレットに搭載されている超ローエンド製品であり性能を期待してはいけない。

対応API[編集 | ソースを編集]

2019年に登場しただけあって対応APIは非常に充実している。性能は微妙でも「とりあえず起動はする」。この特性を生かして「これより下はないだろ」というローエンド環境を想定したデバッグ用途には非常に良い。

なお、一部の既存のゲームの中には本GPUVulkanの組み合わせで不具合が発生するものも存在する。このため一部の端末ではOSレベルで「Vulkanには非対応」と返答し、OpenGL ESしか使えなくしているものもあるので注意しよう。

対応するテクスチャ圧縮形式[編集 | ソースを編集]

  • ETC
  • ETC2
  • ASTC
  • PVRTC

ETC2に対応しているので困ることはないと思われる。