カテゴリ:SkiaSharp

提供: MonoBook
移動: 案内検索

SkiaSharpとは、汎用画像処理ライブラリ「Skia」の.NETおよびMono向けのバインディングライブラリである。

バインディングライブラリというとネイティブコードを叩いている関係でピュアマネージドなライブラリと違いXamarin.Macのようなマイナーなプラットフォームでは動かないというイメージだが、SkiaSharpに関してはASP .NET CoreどころかXamarin.Macでも動く。

.NET画像処理周りは、Windows FormsのSystem.Drawingにはじまり、WPFのSystem.Windows.Media、Xamarin系もプラットフォームごとに個別、MonoGameも独自仕様、そして極めつけは.NET Coreで前述のものは全削除と凄いことになっている。ビットマップひとつ統一のものがない。正直.NET画像処理周りのグダグダさはJavaのImageIO強制移行の時より酷い。そもそも画像処理アルゴリズムは基本的にGPUへの最適化を除けばプラットフォームに依存するような処理はほぼ皆無なわけで、これらのプラットフォームごとに個別に画像処理を書くとか馬鹿げいるわけだ。たぶん本家Skiaを作ったGoogle Chromeの開発チームもそう思ってはじめたに違いない。

結論としては、「.NETの画像処理はすべてSkiaSharpを使って書け」ということだ。

カテゴリ「SkiaSharp」にあるページ

このカテゴリには 4 ページが含まれており、そのうち以下の 4 ページを表示しています。