ディープカラー

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

ディープカラー英語:deep color)とは、コンピューターグラフィックスにおいて各色8ビットを超える色表現のことである。

概要[編集 | ソースを編集]

ディープカラーは従来のトゥルーカラー(1677万7216色)のように明確な規定はないが、一般的には各色10ビットや12ビットのRGBであることが多い。 最近では12ビットの整数どころか16ビットの半精度浮動小数点に対応したものも登場している。

業務用ビデオカメラや一眼レフのRAW画像はほとんどディープカラーとなっている。 当然ながらこれらを「まともに」編集するにはディープカラー対応の液晶ソフトウェアなどが必要となる。

PC[編集 | ソースを編集]

一部のPCに搭載されているGeForceなどのビデオカードには「フルスクリーンでしかディープカラーを使えない」などの制約がある。「ゲームや動画再生はフルスクリーンが普通だから問題ないでしょ?」というものである。

なんとこの制限はワークステーション用のビデオカードを買うと解除され、ウインドウ表示でもディープカラーが使えるようになる。

Mac[編集 | ソースを編集]

一部のMacに搭載されているRetina Displayはディープカラーが大前提となっている。 ウインドウ表示でもディープカラーは問題なく使える。

つまり「IntelオンボードGPUを積んだMac」と「NVIDIAQuadroを積んだWindows」では速度差を除けば機能的には同等であると言え、「NVIDIAGeForceを積んだWindows」はそびえ立つクソであると言える。

関連項目[編集 | ソースを編集]