Google ANGLE

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

Google ANGLE(語源:Almost Native Graphics Layer Engine)とは、Googleが開発しているOpenGL互換APIであり、OpenGL命令の呼び出しをDirect3D命令の呼び出しに変換するものである。GLSLHLSLに変換される。

現在は一歩進んでOpenGL ES 2.0と3.0をOpenGL, OpenGL ES, Direct3Dに変換するシステムとなっている。 これによりAndroidアプリをWindowsMacLinuxに移植するのが捗る。

概要[編集 | ソースを編集]

OpenGLはクソ。 なにがクソってGPUメーカーのOpenGLドライバがどうにもならないクソ。 一般的にOpenGLAPIGPUドライバに含まれる。 その仕様がバラバラで画面クリアの手法すらメーカーごとに違うというグダグダさ。 はっきり言って叩き壊したくなるレベル。

あまりの酷さにGoogleOpenGLDirect3Dに変換するシステムを開発することにした。 これによりGoogle Chromeは安定かつ高速に動作するようになったとさ。 ChromeWebGL実装はANGLEを使っている。つまりOpenGLを使わずDirectXを使っている。

これにMicrosoftも賛同し、Microsoft EdgeもWindows Insider Build 17025でANGLEが採用された。

現在[編集 | ソースを編集]

現在は一歩進んでOpenGL ES 2.0と3.0をOpenGL, OpenGL ES, Direct3Dに変換するシステムとなっている。 これによりAndroidアプリをWindowsMacLinuxに移植するのが捗る。

「OpenGL ESからOpenGL ESって何だよ」と思うかもしれないが、スマホ乱立・SoC乱立でOpenGL ESこそ仕様乱立でクソなのを整流する動作をする。たとえば画面クリアの手法が異なるGPUでも、同じ方法で叩けばうまいこと画面クリアしてくれるのである。

その他[編集 | ソースを編集]

ライセンス3条項BSDライセンスソースコードgithubにて公開されている。

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]