Mali-T720

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

Mali-T720とは、2013年10月にARMが発表したGPUのコアである。

2013年の骨董品であるが2021年になっても3000円前後で売られているローエンドAndroid TV BOXでは現役で使われている。

従来のMali-400と比較すると電力性能比を1.5倍に引き上げた。また従来のコスト重視のGPUと比較すると約50%の性能向上を図りながら、ダイサイズを30%縮小したとしている。

グラフィックスコアは1~8コアまでスケーラブルに変更でき、L2キャッシュも32KB~256KBまで変更できる。推奨値は以下の通り。

  • 1コアの場合は32KB
  • 2コアの場合は64KB〜128KB
  • 3コア以上は128KB〜256KB

バスはAMBA4 ACE-Lite。

APIDirectX 11、OpenCL 1.1、OpenGL ES 1.1~3.1、 RenderScript に対応する。 OpenGL ES 3.2やVulkanには対応していない。 OpenGL ES 3.0まで対応していればAndroidの多くのゲームはそこそこ動く。 ただ「もう少し高スペックなやつ」を求めるならMali-G31を搭載したものを買うべきである。

アンチエイリアシングは4xFSAA/8xFSAAのみに対応し16xFSAAは非対応となっている。なおまともな速度で動くのは4xFSAAのみであり、8xFSAAはカタログスペックを盛るためのものである。

関連項目[編集 | ソースを編集]

ローエンドMaliの系譜