DirectX Shader Compiler

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

DirectX Shader Compiler(通称:dxc)とは、マイクロソフトが中心となりオープンソースのもとで開発が行われているLLVM/Clangの技術をベースとしたHLSLコンパイラーである。

概要[編集 | ソースを編集]

DirectX12から登場した新しいHLSL向けのコンパイラである。 WindowsだけでなくMacOSLinuxでも動くという特徴がある。

dxcを使うとHLSLソースコード)をDXIL(中間コード)にコンパイルできる。 従来のfxc.exeで作られるDXBC(中間コード)とは別物である。 移行期間なのかDirectX12ではdxcとfxcの両方が搭載されている。

途中からGoogleも開発に参加してきてVulkanで動かすためのSPIR-V(中間コード)も吐けるようになった。こいつAndroidでも使えるぞ!

関連項目[編集 | ソースを編集]

類似ツール[編集 | ソースを編集]