SPIRV-Cross

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

SPIRV-Crossとは、オープンソースのもとで開発されているVulkanで使われるSPIR-VGLSL(OpenGL)やHLSL(DirectX)、MSL(Metal)、C++などの高級言語に戻す逆コンパイラである。

Vulkan SDKに公式ツールのひとつとして含まれている。

概要[編集 | ソースを編集]

SPIR-VとSPIRV-Crossを使うと、さまざまなシェーディング言語間で相互変換が可能になる。

ぶっちゃけシェーディング言語HLSLCg言語)が圧倒的な勢力を誇る。DirectXはもとよりUnityが採用しているため、この勢いが衰えない限りは主流であり続けるであろう。GLSLはどんなに頑張ってもWebGLのちょっとしたデモくらいにしか使われない。

ならばすべての環境でHLSLを使えばいい。SPIR-VとSPIRV-Crossがあれば何でもできる。

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]